青いベンチ 音域(サスケ)

【青いベンチ / 音域・最高音】(サスケ)

青いベンチ 音域(サスケ)

気になる『青いベンチ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1D
地声最高音 hiA#
裏声最高音 hiC

ラスサビ+1キー転調。サビ・Cメロでmid2G付近の高音域多用。やや高い音が続くので、ある程度歌い慣れている方向けの楽曲かと思います。

【青いベンチ / 音域・最高音】(サスケ)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『青いベンチ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

Aメロ『君は来るだろうか 明日のクラス(m1D)会に』

最低音は上記タイミングで計3回使用。ほかmid1Eも使われています。

『青いベンチ』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

Aメロ『半分に折り曲げた「案内(m2F#)」をもう一度見(m2E)る』

Aメロ『歩いた並木道 たく(m2E)さん(m2F#)の人がゆく(m2E)よ』

Bメロ『ああ いつも(m2E)ぼくが待たせた』

Bメロ『駅で待つは(m2E)ずない 君をさが(m2G)す(m2F#)ど(m2F#)ぉ(m2E)

各所でmid2F#/mid2Gなど、やや高い音が使われています。

【高音域 詳細】

サビ『この声が枯れるくら(m2E)い(hiA)に(m2F#)

サビ『き(m2G)み(m2F#)に(m2E)好きと言えばよかった』

サビ『会いたくて しかたなか(m2E)っ(hiA)た(m2F#)

サビ『ど(m2G)こ(m2F#)に(m2E)て(裏hiA)も(裏hiB)をして(m2E)ても』

サビで地声hiA/裏声hiB使用。hiAは瞬音で各サビ2回ずつ登場します。
【高音域 詳細】

★Cメロああ き(hiA)せ(m2G)つ(m2F#)は思っ(m2E)た(m2F#)よ(m2G)り(m2F#)す(m2E)ん(m2E)でて(m2F#)

Cメロ『思いをかき消してく 気づかないほど(m2G)と(m2F#)く(m2F#)ぅ(m2E)

Cメロ冒頭の地声hiAはロングトーン気味の使用です。ここは転調後のhiA#より難易度は高めだと思います。地声高音が得意でない方は裏声でも違和感のない箇所です。
【高音域 詳細】

★ラスサビ『この声が枯れるくら(m2F)い(hiA#)に(m2G)

ラスサビ『き(m2G#)み(m2G)に(m2F)好きと言えばよかった』

★ラスサビ『もう二度と戻らない(m2F)こ(hiA#)い(m2G)

★ラスサビい(m2G#)た(m2G)み(m2F)け(裏hiA#)が(裏hiC)ちょっと動(m2F)いた』

ラスサビ+1キー転調。ラスサビのみ地声hiA#/裏声hiC使用。
全体的に音程の取りやすい楽曲ですが、上記のように各所でhiA#などの高音が使われているため、やや難しい楽曲かと思います。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
歌いやすい要因 音程が取りやすい
難しい要因 サビ・Cメロで高音域使用
備考 mid2G付近が多く使われており、ある程度高音に慣れている方向けの楽曲かと思います。歌い慣れていない方の練習曲としてもオススメです。

使用音域が似ている楽曲

error: Alert: Content is protected !!