僕のこと 音域(Mrs. GREEN APPLE)

【僕のこと / 音域解説】(Mrs. GREEN APPLE)

僕のこと 音域(Mrs. GREEN APPLE)

気になる『僕のこと』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1C
地声最高音 hiC
裏声最高音 hiG

サビで地声hiB/hiC、裏声hiF#/hiG使用。
使用音域が広く、上はhiGまで使用されているため、歌い手を選ぶ難曲となっています。

【僕のこと / 音域解説】(Mrs. GREEN APPLE)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『僕のこと』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

1番Aメロ『ぼ(m1D)くときみとではなにがちがう?』

1番Aメロ『お(m1D)んなじ生き物さ(m1D) 分かってる』

2番Aメロ『つ(m1D)たわることのないお(m1C)もいもある だから僕は時々寂しくなる』

Cメロ『努力も孤独も む(m1D)くわれないことがある』

Cメロ『それがね 軌(m1D)跡だと』

最低音は2番Aメロで1回のみ使用。

そのほかの低音は主にmid1D/mid1E。

Aメロは低音域主体のため、低音が苦手な方は注意が必要です。

『僕のこと』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

Aメロ『でもね僕(裏m2G)は何かに怯えている』

Aメロ『いつも僕(裏m2G)は自分に言い聞かせる』

Aメロの最高音は裏声のmid2Gです。
地声の最高音はmid2F#。

【高音注意】

Aサビ『あ(m2G)あ(裏hiD) な(hiB)ん(hiA)て素(m2G)な(m2G)日(hiC)だ(hiB)

Aサビ『しあわせと思(m2G)える(hiA)きょ(裏hiB)うも(m2G)

Aサビ『ゆめやぶれくじ(m2G)ける(hiA)きょ(裏hiB)う(m2G)も(hiA)

Aサビ『ああ あき(裏hiD)ら(裏hiB)め(裏hiA)ず も(m2G)がいて(m2G)いる(hiB)

Aサビ『せ(hiB)まい(hiA) ひ(hiB)ろい(hiA) せ(hiB)か(hiA)い(m2G)き(裏hiD)せ(裏hiC)き(裏hiB)を(裏hiA)うたう(m2G)

Aサビ、Bサビと2つに分かれています。

Aサビでは地声hiC/裏声hiD等の高音域が多数使われており、低音域はほとんど見当たりません。(最低音はmid2D)
【高音注意】

Bサビ『ぼ(hiB)く(hiA)らは知(m2G)っ(裏hiB)て(裏hiC)いる(裏hiD) そ(hiB)ら(hiA)への(m2G)び(m2G)か(hiA)たも(hiB)

Bサビ『おと(m2G)な(裏hiC)に(裏hiD)な(裏hiE)る(裏hiD)に(hiB)つ(hiA)れ わ(裏m2G)す(裏hiA)れ(裏hiB)る(裏hiA)

Bサビ『か(hiB)ぎ(hiA)りある え(m2G)い(裏hiB)え(裏hiC)んも(裏hiD) な(hiB)お(hiA)りきら(m2G)い(m2G)き(hiA)ず(裏hiB)も(裏hiG)

Bサビ『す(裏hiG)べ(裏hiF#)て(裏hiE)ぇぼ(裏hiD)く(裏hiG)の(裏m2G)こ(hiA)と(hiB) きょ(裏hiC)う(裏hiB)と(裏hiA)いう(裏m2G)く(裏hiC)の(裏hiB)こ(裏hiA)と(裏m2G) A(裏hiA)h(裏m2G)

Bサビも変わらず高音域の嵐で、地声hiB/裏声hiGが使われています。(最低音はmid2D)
裏声のhiE/hiF#/hiGが楽曲の難易度を大きく上げています。

裏声hiGはロングトーン気味で使用されているため、男声には難しい箇所です。

【高音注意】

Cメロ『冬に咲く(m2G)花に 命が芽吹くよ』

Cメロ『駆け(m2G)る(hiA)は(hiA#) ゆきのだいち』

Cメロ『青すぎた(m2G)春を 忘れずに居たいと』

Cメロ『かた(m2G)る(hiA)は(hiA#) 友との地図』

Cメロ『駆け(m2G)る(hiA)は(hiA#) 人の旅路』

サビに比べると、落ち着いた使用音域です。

【高音注意】

ラスサビ『だけどね それでもね 今日まで歩いてきた(裏m2G)

ラスサビ『日(裏m2G)々をひと(裏m2G)は呼ぶ それがね、軌跡だと』

ラスサビ『ああ(裏hiD) な(hiB)ん(hiA)て素(m2G)な(m2G)日(hiC)だ(hiB)

ラスサビ『しあわせに悩(m2G)める(hiA)きょ(hiB)うも(m2G)

ラスサビ『ボロボロになれて(m2G)いる(hiA)きょ(hiB)う(m2G)も(hiA)

ラスサビ『ああ 息(裏hiD)を(裏hiB)し(hiA)て も(m2G)がいて(m2G)いる(hiB)

※1)ラスサビ『す(m2G)べてぼく(m2G)のこと あの日のぼくらのこと』

ラスサビ『A(裏hiA)h(裏m2G) O(hiA)h(hiB)〜(hiA)〜(m2G)

ラスサビ冒頭(Dメロ)はBサビのオク下ver.です。

最高音がmid2Gまで下がります。

ラスサビでは通常サビで裏声だった箇所が、一部地声に変化します。

【】で囲われている箇所が該当。

※1)の箇所はBサビのオク下ver.です。

高音パートが上ユニゾン扱いにされているため、ここでの最高音はmid2G表記としています。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 かなり難しい
難しい要因 1 使用音域が広い
難しい要因 2 サビで高音域超頻出
難しい要因 3 裏声hiF#/hiG
備考 裏声hiGは計3回(ラスサビの上ユニゾンを含めると計5回)
備考 地声hiCは計3回(各Aサビで1回ずつ)
備考 地声hiBは計30回使用
地声hiB使用数 1番ABサビ【15回】
地声hiB使用数 2番Aサビ【8回】
地声hiB使用数 ラスサビ【7回】
error: Alert: Content is protected !!