クリスマスソング 音域(back number)

【クリスマスソング / 音域解説】(back number)

クリスマスソング 音域(back number)

気になる『クリスマスソング』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1B
地声最高音 hiA
裏声最高音 hiC#

サビでmid2E/mid2F#を軸に高音域頻出。最高音hiA/hiC#はサビのみ使用。

【クリスマスソング / 音域解説】(back number)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『クリスマスソング』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

1番Aメロ『あ(m1B)れなんで恋なんかし(m1B)てんだろう』

2番Aメロ『い(m1B)や 羨ましくなんて(m1B)ないけど』

最低音mid1Bは上記箇所のみ。主な低音は瞬音使用のmid1Eです。

『クリスマスソング』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

Aメロ『どこ(m2E)かで鐘が鳴って らし(m2E)く(m2F#)ない(裏hiA)こ(裏m2G#)と(m2F#)ば(m2E)浮(m2E)か(m2F#)んで(裏m2G#)

Aメロ『さむ(m2E)さが心地よくて』

Bメロ『せ(m2E)いやだなんだ(m2E)と 繰り(m2E)ぃ返す歌と』

Bメロ『わ(m2E)ざとらしくき(m2E)らめく街のせい(m2E)な(m2F#)

曲全体でmid2Eが頻出します。高い声が苦手な方は苦しい音域が続くので注意してください。
【高音域 詳細】

サビ『会い(m2E)た(m2F#)い(m2E)と(m2F#)お(m2E)も(m2F#)う(m2E)か(m2F#)い(m2E)す(m2F#)う(m2G#)が(m2E)

サビ『会えな(m2F#)い(m2E)と(m2F#)い(m2E)た(m2F#)い(m2E)こ(m2F#)の(m2E)む(m2F#)ね(m2G#)が(m2E)

サビ『君(m2E)の(m2F#)こ(m2E)と どうお(m2E)も(m2F#)う(m2G#)か(m2F#)教え(m2E)ようとしてる(m2E)

サビ『い(裏m2G#)いよ(m2E) そんなこと(m2E)自分で(m2E)か(裏hiA)っ(裏hiB)て(m2G)ぇ(m2F#)るよ(m2E)

サビ『サンタとやらに頼んでも(m2E)か(hiA)た(m2G#)な(m2F#)いよ(m2E)な(m2G#)ぁ(m2F#)

サビ『でき(m2E)れ(m2F#)ば(m2E)よ(m2F#)こ(m2E)に(m2F#)い(m2E)て(m2F#)欲(m2E)し(m2F#)く(m2G#)て(m2E)

サビ『どこに(m2F#)も(m2E)行(m2F#)っ(m2E)て(m2F#)欲(m2E)し(m2F#)く(m2E)な(m2F#)く(m2G#)て(m2E)

サビ『僕(m2E)の(m2F#)こ(m2E)とだけを(m2E)ずっ(m2F#)と(m2G#)かん(m2F#)がえて(m2E)いてほしい(m2E)

サビ『で(m2E)も(m2F#)こんな事(裏hiA)を(裏hiB)つ(裏hiC#)たえ(裏hiB)たら か(m2E)っ(m2F#)こう(m2G#)わ(hiA)る(m2G#)いし(m2F#)ぃ(m2E)

サビ『長くな(m2E)る(m2F#)だけだ(m2G#)か(hiA)ら(裏hiB)まと(m2E)める(m2G#)よ(m2F#)

サビ『君が好(m2E)き(m2F#)だ(m2E)

サビでmid2E/mid2F#超頻出、各所でmid2G#/hiA等の地声高音が使われています。
目安として地声mid2G#付近を安定して出せる方はサビの高音域も問題ないかと思います。
【高音域 詳細】

Cメロ『あの時(m2E)きみに 出会っ(m2E)た(m2E)それ(m2E)だけで(m2F#)ぇ(m2E)

Cメロ『自分も知らなかった 自分(m2E)が次か(m2E)つ(m2E)ぎに(m2F#)

Cメロ後は間奏なしでラスサビに続きます。

楽曲全体でmid2E以上の音域が続くため、ある程度のスタミナが求められます。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 mid2F#付近が超頻出
難しい要因 2 裏声の頻度がやや高い
備考 裏声hiC#計3回使用
備考 地声hiA計9回使用
備考 ある程度、高音域に慣れている方でないと難しい楽曲です。目安として、地声mid2G#付近を安定して出せる方であれば問題ないかと思います。
error: Alert: Content is protected !!