大不正解 音域(back number)

【大不正解 / 音域・最高音】(back number)

大不正解 音域(back number)

気になる『大不正解』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1C
地声最高音 mid2G#

一般的な男性の音域範囲ですが、mid2F/mid2Gの使用頻度が高く、やや上級者向きの楽曲です。

【大不正解 / 音域・最高音】(back number)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『大不正解』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

Aメロ『縁(m1C)が(m1D)目(m1D#)に見えりゃもうきっと腐って(m1D#)る(m1C)

低音域が目立つ箇所は上記のみ。他ではmid1Gを主な最低音をとして、mid2A#/mid2D#などが頻出します。

『大不正解』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

サビ『僕ら(m2F)完全無(m2G)け(m2F)つじゃない(m2F)

サビ『原(m2G)け(m2G#)い(m2G)を愛(m2F)せる訳(m2G#)で(m2G)も(m2F)無い(m2G)

サビ『この無様に移ろうか(m2G)ちを(m2G)ぉ(m2F)す(m2F)化(m2F)の(m2G)か(m2F)わを』

サビ『噛み付(m2F)合い 剥ぎ取(m2G)り(m2F)合って(m2F)

サビ『た(m2G)が(m2G#)い(m2G)を見(m2F)付けて来(m2G#)たん(m2G)だ(m2F)ろう(m2G)

サビ『補い合うのなんざ ご免(m2G)んだ(m2G)ぁ(m2F)

サビ『さぁ好(m2F)に(m2F)ど(m2G)ろ(m2F)うぜ』

最高音mid2G#はサビのみ使用。そのほかmid2F/mid2Gが頻出します。
高音域が得意でない方はキー下げ推奨です。キーを2つ下げると最高音がmid2F#まで下がります。
【高音域 詳細】

Aメロ『何を創るつもり(m2F)なんだ』

Aメロ『自分で散らかしたがれき(m2F)の(m2G)うえ』

Aメロ『同じ物を欲しが(m2F)って』

Aメロは他の箇所より高音域が少ないため、歌いやすく感じるかと思います。
低い声が苦手な方は、Aメロ後半の低音域に要注意です。

【高音域 詳細】

Bメロ『言葉(m2G)は(m2F)2層(m2F)らも(m2F)そ(m2G)う』

Bメロ『仏の顔だって3度までを天文(m2G)学(m2F)き(m2F)に超えて(m2F)く(m2G)る』

Bメロ『かれい(m2F)なステッ(m2F)で(m2G)

記載は省いていますがmid2D#の使用頻度が高いです。mid2D#/mid2Fがセットで登場するため、高い音が苦手な方は注意してください。
【高音域 詳細】

2番Aメロ『最後はいつも自分(m2F)を疑わな(m2F)いのに』

上記箇所は1番Aメロと音程が変わり、mid2Fが使用されています。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 mid2F/mid2Gが頻出
備考 最高音は高くないものの、一般的な男性には苦しい高さが続くため難しいです。高い声に自信のない方はキーを下げた方がよいかもしれません。
男性キー -2
女性キー +4(最低音はmid1Eです)
error: Alert: Content is protected !!