ドラマツルギー 音域(Eve)

【ドラマツルギー / 音域解説】(Eve)

ドラマツルギー 音域(Eve)

気になる『ドラマツルギー』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 lowG#
地声最高音 hiB
裏声最高音 hiC#

サビで最高音hiB/hiC#使用。
Cメロで低音域超頻出。
使用音域が上にも下にも広く、歌い手を選ぶ楽曲です。

【ドラマツルギー / 音域解説】(Eve)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『ドラマツルギー』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

1番Aメロ『抱えきれない言葉だ(m1A#)け(m1A#)の存在証明を』

2番Aメロ『その全てを肯定しないと(m1A#)まえにすすめない(lowG#)かい(m1A#)

1番の最低音はmid1A#。

2番Aメロで最低音lowG#使用、2番Bメロではmid1A#やmid1D#が頻出する。

【低音注意】

★Cメロか(lowG#)くしてきた本当は(lowG#)どこに(m1A#)も(lowG#)ない(m1A#)

Cメロ『わ(lowG#)らってきた奴らに居場所はない』

Cメロ『流(m1A#)した涙 理由なんてない』

★Cメロ優(lowG#)しさに温度も(lowG#)感じら(m1A#)れ(lowG#)ない(m1A#)

Cメロ『差し(lowG#)伸べた手に疑いしかない』

★Cメロあき(lowG#)らめかけた人の(lowG#)前にあん(m1A#)は(m1A#)

Cメロ『いつ(m1A#)も嘲笑うようにおでましさ』

Cメロは楽曲全体で最も低いです。

ご覧の通り、最低音付近の音が頻出します。

当曲は音域が上にも下にも広く、特に低音域の頻出具合が激しいため歌い手を選ぶ楽曲となっています。

『ドラマツルギー』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

Bメロ『”ワタシ”なんて(m2F#)ないの どこにだって(m2F#)居ないよ』

Bメロ『ずっと僕は 何者にもなれな(m2F#)い(m2F)で』

メロ部分は低音域メインのため、高い音はあまり使用されていません。

音程が難しいため、その点は注意です。

【高音注意】

★サビ『ぼく(hiA#)ら(m2G#)い(m2F#)ま(m2G#) さあ(hiA#)さあ喰ら(m2G#)い(hiA#)あっ(m2G#)て(m2F#)

サビ『延長線サ(m2G#)レン(hiA#)ダー(m2G#)して(m2F#) メーデー あ(m2F)わ(m2F#)い(m2G#)愛(m2F#)想(m2F) 垂れ流し言の愛憎』

★サビ『ドラマ(hiA#)チッ(m2G#)クな(m2F#)展(m2G#)開(hiA#)を(m2F#)どっか(m2F)期(m2F#)待してん(hiA#)だ(m2G#)ろ(m2F#)ぉ(m2G#)ぉ(hiA#)

サビ『きみ(m2F#)も(m2G#) YES(hiA#) YES いき(m2G#)を(hiA#)呑ん(m2G#)で(m2F#)

サビ『采配はそこ(m2G#)に(hiA#)あん(m2G#)だ(m2F#)

★サビ『ヘッドショット さ(m2F)わ(m2F#)ぐ(m2G#)おもい(m2F#)も(m2F) そのこころ撃ち(hiA#)抜(m2G#)い(hiA#)て(hiB) さぁ(hiA#)

★サビ『まだ見ぬ(hiA#)糸(m2G#)を(m2F#)引い(m2G#)て(hiA#) くろま(m2F)く(m2F#)のおで(裏hiC#)ま(裏hiB)し(裏hiA#)さ(裏hiB)ぁ(裏hiA#) その目に映るのは』

サビでは地声mid2F#/mid2G#/hiA#が頻出します。
メロ部分とは使用音域が真逆で、ほぼほぼ高音のみの構成です。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 かなり難しい
難しい要因 1 使用音域が広い
難しい要因 2 サビで高音域頻出
難しい要因 3 Cメロで低音域頻出
難しい要因 4 音程が難しい
難しい要因 5 曲のテンポが速い
備考 地声hiB計3回(各サビ1回ずつ)
備考 裏声hiC#計3回(各サビ1回ずつ)
備考 使用音域が広く、低音域も高音域も頻出するため歌い手を選ぶ楽曲です。
備考 楽曲のリズムが速く、音程を捉えるのが難しいです。
error: Alert: Content is protected !!