ドライフラワー 音域(優里)

【ドライフラワー / 音域解説】(優里)

ドライフラワー 音域(優里)

気になる『ドライフラワー』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1F#
地声最高音 hiA
裏声最高音 hiC

Bメロ・サビでhiA付近の高音域使用。最高音はサビのみ使用。ある程度、高音域に慣れている方向けの楽曲です。

【ドライフラワー / 音域解説】(優里)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『ドライフラワー』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

1番Aメロ『た(m2B)ぶ(m2A)ん(m2B)わ(m2A)た(m2B)し(m2A)じゃ(m2B)な(m2A)く(m2B)て(m2A)い(m2B)いね(m2A)

1番Aメロ『よ(m2A)ゆ(m1G)う(m2A)の(m1G)な(m2A)い(m1G)ふ(m2A)た(m1G)り(m2A)だ(m2B)っ(m2A)たし(m1G)

1番Aメロ『気づけばけん(m2B)ばっかりし(m2B)て(m2A)さ(m1G) ご(m2A)め(m2B)ね(m2B)

1番Aメロ『ずっ(m1G)とはなそうと(m2B)お(m2A)も(m2B)っ(m2A)てた(m1G)

1番Aメロ『きっ(m1G)とわたしたち(m2B)合(m2A)わ(m2B)な(m2A)い(m1G)ね(m2B)

1番Aメロ『ふ(m1G)た(m2A)り(m2B)きりしかいない(m2A)部(m2B)屋(m2A)でさ あ(m1G)な(m2A)た(m2B)ばかりはなして(m2A)い(m2B)た(m2A)よ(m1G)ね(m2B)

2番Aメロ『あ(m1G)たらしい人と並ぶきみ(m1F#)は(m1G)

曲中1箇所のみmid1F#使用。
そのほかでmid1Gが頻出するため、実質の最低音はmid1Gです。

『ドライフラワー』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

1番Bメロ『もし(m2F#)い(m2G)つか 何処かで会えたら』

1番Bメロ『今日のこ(裏m2G)とを わらってく(裏hiA)れ(裏hiB)る(裏hiA)かな(裏m2G)

1番Bメロ『理由もちゃ(裏m2G)んと 話せないけれど』

Bメロでmid2Gロングトーン使用。そのほか裏声hiA/hiBなどの高音域が使われています。

【高音域 詳細】

サビ『こ(m2G)え(m2F#)も(m2G) か(hiA)お(m2G)も 不器用なと(m2F#)こも(m2G)

サビ『ぜ(hiA)ん(m2F#)ぶ(m2G) ぜ(hiA)ん(m2G)ぶ きらい(裏hiA)じゃ(裏hiB)な(裏hiC)いの(裏hiB)

サビ『ドラ(m2F#)イ(m2G)フ(m2F#)ラワー みたい 君との日々も』

サビ『きっと きっと きっ(m2F#)と(m2G) きっ(hiA)と(m2G) 色褪せる』

サビ冒頭で地声hiA付近、サビ中盤で裏声hiA/hiB/hiC使用。高音域が苦手な男性には苦しい高さが続きます。

【高音域 詳細】

2番Bメロ『もう(m2F#)か(m2G)おも 見たくないからさ』

2番Bメロ『変にれん(裏m2G)らく してこない(裏hiA)で(裏hiB)ほ(裏hiA)しい(m2G)】』

2番Bメロ『都合が【いい(m2G)】のは 変わってないんだね』

【】で囲っている部分は1番と地声、裏声が変わっています。
【高音域 詳細】

2番サビ『きら【い(hiA)じゃ(裏hiB)な(裏hiC)いの(裏hiB)

サビも同じく【】で囲っている部分は1番と地声、裏声が変わっています。
【高音域 詳細】

Cメロ『好きという気持ちまた香る Uh(m2G) Uh(m2F#)

Cメロ最後にmid2F#/mid2G使用。

まとめ

まとめ
歌唱難易度 やや難しい
備考 地声hiAは計10回使用
備考 裏声hiCは計3回使用(各サビ1回ずつ)
備考 高音域が苦手な男性には苦しい高さが続きます。やや難易度の高い楽曲ですが、大変人気のある曲なのでぜひ挑戦してみてください。
error: Alert: Content is protected !!