花占い 音域(Vaundy)

【花占い / 音域解説】(Vaundy)

花占い 音域(Vaundy)

気になる『花占い』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1F
地声最高音 hiA#
裏声最高音 hiD

最高音は各所で使用。
Cメロで裏声高音域頻出、特にhiCの使用頻度が高い。
サビ終わりにフェイクで地声hiC使用。

【花占い / 音域解説】(Vaundy)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『花占い』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

冒頭『街の夕焼けに溶けた 僕達はまだ二人だろう(m1F)か』

Aメロ『なんて笑って 吐いて捨てては 君を思い出(m1F)す(m1G) そんな思いを』

サビ『お(m1F)な(m1G)じように待ってんだ』

最低音は各所で使用されています。

低音域が目立つ箇所はBメロです。
主にmid2A#/mid2Cが使われています。

『花占い』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

冒頭『ま(m2F)ち(m2G)の夕焼けに溶けた ぼく(m2G)た(m2F)ち(m2G)はまだ二人だろうか』

冒頭『風(m2G)が(m2F)吹(m2G)く 僕たちを乗せて 二人(m2F)でちぎっ(hiA#)たは(hiA)な(m2G)にね(m2F)【(※1)がい(hiA#)を(裏hiC)込(裏hiD)め(m2G)て(hiA#)

曲冒頭はサビと同じような音程のパートです。

※1)非常に細かいところですが、この箇所はサビだと裏声です。地声と裏声の使い分けを原曲通りにしたい方は参考にしてください。
【高音注意】

1番Aメロ『願うなら僕たちを出会うよりもずっとと(m2F)おくに』

★1番Bメロ『こい(m2G)じ(hiA)の(hiA#)果(hiA)て(hiA#)に(hiA)はなにが(m2F)あ(m2G)る』

1番Bメロ『くだらない話を(m2F)二人でしよう』

Aメロ、Bメロは主にmid2A#/mid2C/mid2Dで構成されており、そこまで高くありません。
ただBメロ後半の★付きの箇所は地声hiA/hiA#が連続するため注意してください。
【高音注意】

サビ『僕(m2G)た(m2F)ち(m2G)の千年の恋は ふかい(m2G)つ(m2F)ち(m2G)で折れる花のようだ』

★サビ僕(m2G)た(m2F)ち(m2G)は千年後もまだ 同じよう(m2F)に待ってんだ わ(裏hiA#)らっ(裏hiC)ちゃう(裏hiD)よ(m2G)ね(hiA#)

★サビWo(hiA#)w(hiA) Wo(hiC)w(hiA#)〜(m2G) Wo(裏hiD)w(裏hiC)〜(裏hiA#)〜(裏m2G)(フェイク)』

各サビ締めにロングトーン気味の地声hiA#使用。
単発使用より難易度が上がるため注意してください。
フェイク扱いですが、サビ終わりに地声hiCが使われています。裏声hiD等の高音域とセットで登場するため、難しい箇所です。

【高音注意】

2番Aメロ『あなたと(m2F)が(m2G)い もう何(m2F)処にも行けない 雨の中で』

2番Bメロ『他愛ない話を(裏m2F)二人でしよう』

Aメロのみ1番と音程が変わり、若干高くなります。

【高音注意】

★Cメロ何年経っ(裏hiC)ても(裏hiA#)妄(裏hiC)想が(裏hiD) 根を張っ(裏hiC)ても(裏hiA#)こん(裏hiC)なに(裏hiD) 溢(裏hiC)れ(裏hiA#)出し(裏hiC)てい(裏hiD)る(裏hiA#)

Cメロ『ねが(hiA#)いは(hiA)

★Cメロ花(裏hiC)が(裏hiA#)散る(裏hiC)ほど(裏hiD) 溢(裏hiC)れ(裏hiA#)出し(裏hiC)てい(裏hiD)く(裏hiA#)

★Cメロ花占う(hiA#) 恋(hiA)歌』

裏声高音域が超頻出します。
尚且つ、地声hiA/hiA#も使われており、おそらく最も難しい箇所です。
【2番サビ→Cメロ→ラスサビ→Cメロ】と高音域が続くため、要注意です。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 Cメロで裏声高音域が頻出
難しい要因 2 地声hiA#ロングトーン
備考 各サビで地声hiA#のロングトーンが登場し、Cメロでは裏声の高音域が頻出するため、ある程度高音域に慣れている方でないと難しい楽曲です。
error: Alert: Content is protected !!