インフェルノ 音域(Mrs. GREEN APPLE)

【インフェルノ / 音域解説】(Mrs. GREEN APPLE)

インフェルノ 音域(Mrs. GREEN APPLE)

気になる『インフェルノ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 lowF
地声最高音 hiB
裏声最高音 hiE

Bメロで地声hiB使用。
ラスサビで一部音程が変わり、裏声hiD#/hiE使用。

【インフェルノ / 音域解説】(Mrs. GREEN APPLE)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『インフェルノ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Cメロ『※1)お(lowF)とが出る玩具も 痛みを飛ばす魔法も』

※1)最低音をlowFと表記していますが、聞きようによってはlowE、mid1Bあたりに聞こえます。正しい音階が分からなかったため、今回は某カラオケ採点の音域を参考にしております。

おそらくですが、lowE/lowF/mid1Bのどれかだと思います…

【低音注意】

Aメロ『照(lowG#)らすは闇 僕らは歩き慣れてきた日々も淘汰』

Aメロ『夢は安泰な暮らしだが 刺(lowG#)激不足故にダラダラ』

Bメロ『炎が立つ しる(m1B)べの方へ』

ラスサビ『全部 僕にとっ(m1B)てのた(m1B)から物』

lowG#はエッジボイスのような発声で使われています。どの箇所も瞬音での使用です。

低音で警戒すべきはBメロ、ラスサビで登場するmid1Bです。こちらの音は連続して使われているため、楽曲内でしっかり存在感があります。

lowG#は誤魔化しが利きますが、mid1Bの箇所はそれができないため要注意です。

『インフェルノ』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

サビ『永遠は(裏hiC#)ないん(裏hiB)だ(m2F#)無(裏hiC#)いん(裏hiB)だ(m2F#)云(m2F#)ウ(m2G#)

サビ『それもまた(裏hiC#)イイ(裏hiB)ね(m2F#)わ(裏hiC#)ら(裏hiB)っ(m2F#)み(m2F#)る』

サビ『輝けば(裏hiC#)い(裏hiB)つ(m2F#)ひ(裏hiC#)か(裏hiB)り(m2F#)耐(m2F#)える(m2G#)

サビ『ぼ(m2F#)ら(裏hiB)は(裏m2G#) い(m2F#)のちの(m2F#)火が消え(m2F#)る(m2G#)の(hiA)日(m2G#)ま(m2F#)あ(hiA)る(m2G#)い(m2F#)てく』

サビの高音域は主に裏声使用です。

サビ後半では地声hiA付近が登場するため、注意が必要です。

【高音注意】

Cメロ『学びきれずに卒業 つた(m2F#)き(m2F#)ず(m2F#)失(m2F#)恋(m2G#)

Cメロ『遊びきれずに決別 め(hiB)ん(hiA)どく(m2G#)さ(m2F#)ぃ(m2G#)ぃ(m2F#)が』

★Cメロ『じご(m2F#)く(m2G#)じゃ あ(hiB)ま(m2G#)いし(hiB)

Cメロはサビと違い、裏声未使用で地声の高音域が多用されています。

曲中、最も難しい箇所です。

締めの地声hiBはロングトーンなので要注意です。
【高音注意】

★ラスサビ『永遠は(裏hiC#)ないん(裏hiB)だ(m2F#)無(裏hiE)いん(裏hiD#)だ(裏hiC#)と(裏hiB)云(裏hiC#)フ(裏hiB)

ラスサビで音程が変わり、裏声最高音hiEが使用されています。

インフェルノは高音域が裏声主体なので、裏声に苦手意識のない方は歌いやすい楽曲だと思います。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 使用音域が広い
難しい要因 2 Cメロの地声hiB
備考 裏声hiD#/hiEはラスサビで各1回のみ
備考 地声hiBは計5回(すべてCメロ)
備考 地声hiAは計7回
error: Alert: Content is protected !!