キセキ 音域(GReeeeN)

【キセキ / 音域解説】(GReeeeN)

キセキ 音域(GReeeeN)

気になる『キセキ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1G
地声最高音 hiA#

楽曲全体でmid2E〜mid2Gが超頻出。
そのほかmid2G#/hiA/hiA#等の高音域使用。

【キセキ / 音域解説】(GReeeeN)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『キセキ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Aメロ『溢れる想ぉい(m1G)が止まらない』

Bメロ『き(m1G)みのくれた 日々が積み重なり』

Bメロ『ぼ(m1G)くらの出逢いがもし偶然ならば?』

サビ『ふ(m1G)たり寄り添って歩いて 永(m1G)久の愛を形にして』

サビ『ア(m1G)リガトウや Ah』

サビ『足(m1G)りないけど せ(m1G)めて言わせて しあ(m1G)わせですと』

Dメロ『た(m1G)とえばほら あ(m1G)したを見失いそうに僕らなったとしても…』

最低音mid1Gは各所で使用されています。楽曲全体で主に使われている低音はmid2Cです。

『キセキ』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

Aメロ『あ(m2E)した(m2G) きょ(m2E)うよ(m2G)り(m2F)も(m2E)好きになれる あ(m2E)ふ(m2F)れ(m2E)る想いが(m2E)止(m2F)ま(m2E)な(m2E)い』

Aメロ『い(m2E)まも(m2G) こ(m2E)ん(m2G)な(m2G#)に(m2E)き(m2E)でいるのに こ(m2E)と(m2F)ば(m2E)にできない』

Aメロではmid2E〜mid2G付近の音域が頻出します。Aメロ後半ではmid2G#も使われており、高い声が苦手な方には苦しい音域が続きます。

【高音注意】

Bメロ『きみ(m2E)のくれた 日(hiA)々(m2G)が積みか(m2F)さ(m2G)な(hiA)り(m2G)

Bメロ『過ぎ去っ(m2F)た(m2G)日(hiA)々 ふ(m2G)た(m2E)り歩いた きせ(m2E)き』

Bメロ『ぼく(m2E)らの出逢い(hiA)が(m2G) もし偶然(m2F)な(m2G)ら(hiA)ば?(m2G)命(m2F)な(m2G)ら(hiA)ば き(m2G)み(m2E)にめぐ(m2F)り合(m2E)え(m2F)たそ(m2G)れっ(m2G#)てき(m2F)せ(m2G#)き(hiA#)

地声hiA/hiA#等の高音域使用。最高音hiA#はBメロでのみ登場します。
使用音域がサビより高いです。
【高音注意】

サビ『ふたり寄り添っ(m2E)てあ(m2F)る(m2E)いて 永久のあいをか(m2E)たち(m2F)に(m2G)して』

サビ『いつまでも き(m2E)みの(m2F)よ(m2G)こで(hiA)ぇ(m2G) わ(m2E)ら(m2G)っ(m2F)てい(m2E)たくて(m2E)

サビ『アリ(m2E)ガトウや A(hiA)h(m2G)い(m2E)してるじゃ ま(m2F)だ(m2E)り(m2E)ないけど せめて言わせて 幸せ(m2E)ですと』

サビでは地声hiAまで使用されています。サビに限らず楽曲全体で高音域が続くため、休める箇所が見当たりません。高い声が苦手な方には難しい楽曲だと思われます。
【高音注意】

Cメロ『ふた(m2E)フ(m2E)けあっ(m2E)か(m2E)り(m2E)み(m2F)ち(m2E)れ(m2E)た(m2E)せつ(m2E)な(m2F)く(m2E)の(m2E)日(m2F)々(m2E)

Cメロ『想いよ届け! と伝えたとき(m2E)に 初めて見せた表じょ(m2E)うの君』

Cメロ『すこし間(m2E)が(m2F)空(m2G)いて きみがう(m2E)な(m2F)ずい(m2G)て ぼく(m2E)の(m2E)こ(m2E)満(m2E)されて(m2E)く(m2F)あい(m2G)で』

Cメロ『僕らまだ旅の途(m2E)中で またこれから先も何十年 つづいていけるような未来へ』

Cメロはラップパートです。使用音域は他のパートより低いため、音程や歌詞のリズムを覚えておけば問題ないです。

【高音注意】

Dメロ『たと(m2F)え(m2E)ばほら あし(m2F)た(m2E)み(m2G)うしない(m2E)そ(m2G)うに ぼくら なっ(m2E)た(m2F)と(m2E)しても…』

ラップ→ラスサビの間にDメロがワンフレーズ入ります。

このあとのラスサビはサビパートが2回続くため、高い声が苦手な方は要注意です。
【高音注意】

ラスサビ『最後(m2E)の1秒(m2E)まで』

ラスサビ『あ(m2E)した(m2G) きょ(m2E)うよ(m2G)り(m2F)笑(m2E)顔になれる(m2E)

ラスサビ『君が(m2E)居(m2F)る(m2E)だけで そうお(m2E)も(m2F)え(m2E)か(m2E)ら』

ラスサビ『何(m2E)十年(m2G) 何(m2E)百(m2G)年(m2G#) 何(m2E)年 と(m2E)きを超えよ(m2G)う き(m2E)み(m2F)を(m2E)愛してる』

サビパートを2回歌い終えてから、ほぼほぼ間奏なしで(Aメロと音程の似た)締めパートに入ります。音域はmid2E〜mid2G付近が多用されており、最後まで気が抜けません。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 mid2E〜mid2Gが楽曲全体で頻出
難しい要因 2 ラスサビが長い
備考 地声hiA#計2回
error: Alert: Content is protected !!