恋人ごっこ 音域(マカロニえんぴつ)

【恋人ごっこ / 音域解説】(マカロニえんぴつ)

恋人ごっこ 音域(マカロニえんぴつ)

気になる『恋人ごっこ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1F#
地声最高音 hiA#
裏声最高音 hiC#

最後の大サビで地声hiA#/裏声hiC#使用。
2番サビまではmid2G#が最高音です。

【恋人ごっこ / 音域解説】(マカロニえんぴつ)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『恋人ごっこ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Aメロ『シーツは湿って どう(m1F#)にもならない二人だ』

最低音mid1F#は1回のみ使用。実質最低音はmid1G#です。

『恋人ごっこ』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

冒頭サビ『「ねぇ(m2F) もう一度だけ(m2F)」を何(m2F#)回(m2F)もやろう そういう運(m2F#)命(m2F)をしよう』

冒頭サビ『愛(m2F)を伝えそびれた(m2F) でも確かに恋(m2F#)を(m2F)していた 恋(m2F#)を(m2F)していた』

楽曲はサビメロから始まります。主な高音はmid2F/mid2F#です。

サビ含め、楽曲全体でmid2C#/mid2D#が頻出します。
【高音注意】

Aメロ『恋人ごっこでいい(m2F#)か(m2F)ら』

Bメロ『余計な荷物に(m2F)気付(m2F#)く(m2F)のは 歩き疲れた(m2F)ぁ 坂道だ』

Bメロ『忘れていいのは(m2F)い(m2F#)つ(m2G#)からで わ(m2F)れ(m2F)たいのはいつまでだ?』

Aメロは1番のみ登場。

Bメロはサビと同程度の音域です。サビ前にmid2G#が登場するため、高い声が苦手な方は注意してください。
【高音注意】

2番サビ『またこんな恋(m2F#)を(m2F)してみたい 恋(m2F#)をし(m2G#)てみたい』

2番サビ最後は音程が変わり、mid2G#が使われています。

【高音注意】

大サビ『裸や 撫で(m2F)た(m2F)や キスやか(m2F)わかない(m2F)み(m2F)

★大サビ『もういち(hiA#)どあ(m2G#)な(裏hiC#)た(裏hiC)と(裏hiC#)居(m2F)られるのなら(m2F)』

大サビ『きっ(m2G#)と(m2F)もっともっとちゃんと(m2F) ちゃんと愛(m2F)を伝える』

★大サビ『もう二度(hiA#)とあ(m2G#)な(裏hiC#)た(裏hiC)を(裏hiC#)失(m2F)くせないから(m2F)

大サビ『こ(m2F)とばをすて(m2F)す(m2F#)こ(m2F)し(m2F#)ず(m2G#)つ諦める』

大サビ『あまりにもろ(m2F)今日(m2F)を(m2F#)抱き(m2G#)締めて手放す』

大サビ『た(m2G#)だ(m2F#)いま(m2F) さよなら たった(m2G#)い(m2F#)ま(m2F) さよなら』

2番サビ後は間奏なしで大サビに突入します。
★の要注意箇所では、地声mid2G#/hiA#、裏声hiC/hiC#等の高音域が連続します。楽曲全体で最も難しい箇所です。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 平均的
歌いやすい要因 1 2番サビまでは使用音域が低い
難しい要因 1 大サビで高音域使用
備考 裏声hiC#計4回
備考 地声hiA#計2回
備考 大サビの一部で高音域が続きますが、曲全体としては難易度が低く、歌いやすい楽曲です。
error: Alert: Content is protected !!