恋音と雨空 音域(AAA)

【恋空と雨空 / 音域詳細】(AAA)

恋音と雨空 音域(AAA)

気になる『恋音と雨空』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1E(ミ)
地声最高音 mid2G#(ソ#)

サビとCメロでmid2G#使用。
Cメロが最も使用音域が高い。

【恋空と雨空 / 音域詳細】(AAA)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『恋音と雨空』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Aメロ『き(m1E)みと離れてから数日』

Aメロ部分で最低音が数回出てきます。

『恋音と雨空』詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

サビ『好きだ(m2G#)よ(m2F)と伝えればいいのに(m2F)

サビ『つ(m2G#)の(m2F)っては溶けてく(m2F)

サビ『ね(m2F)がいかけるこい(m2G#)おとと(m2F)あまぞら』

サビで最高音mid2G#が登場します。
音程の跳躍があるメロディーなので、しっかり高音を届かせる意識を持つといいですね!
【高音注意】

Bメロ『始まりの時まで戻りた(m2F)い(m2G)

Bメロでmid2Gのロングトーンが登場します。
高い声が苦手な方はここのロングトーンに要注意です。
【高音注意】

★Cメロ『好きという事実通りすぎて今ではもうあ(m2F)い(m2F#)し(m2F)てる』

★Cメロ『失った数日間でやっと知った(m2F)本当はこのまま気(m2F#)持(m2G#)ち(m2F#)た(m2F)かめ(m2F)たくて』

Cメロが一番高いです!

まとめ

まとめ
歌唱難易度 平均的
難しい要因 1 Cメロの使用音域がやや高い
備考 mid2G#は計25回
error: Alert: Content is protected !!