粉雪 音域(レミオロメン)

【粉雪 / 音域解説】(レミオロメン)

粉雪 音域(レミオロメン)

気になる『粉雪』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1B
地声最高音 hiA
裏声最高音 hiA

各サビ地声hiAロングトーン使用。
ラスサビ最後に裏声hiA使用。

【粉雪 / 音域解説】(レミオロメン)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『粉雪』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Aメロ『粉雪 舞う季節は(m1D) いつもすれ違い』

Aメロ『ひ(m1D)とごみに紛れても(m1D)

★Bメロ『同じ時間を 生きて(m1D)どいけ(m1D)な(m1B)い(m1D)

低音域は主にmid1D/mid1Eが使われています。

Bメロのみ最低音mid1B使用。

『粉雪』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

Aメロ『ラ(m2E)ラライ ララライ』

Bメロ『むなし(m2E)いだけ』

サビ以外は使用音域が常に低く、高い音が使われているのは2箇所のみ。

【高音注意】

サビ『こな(hiA)ゆ(m2G)き ねぇ こころ(m2E)ま(m2F#)で(m2G)し(m2F#) く 染(m2E)め(m2G)ら(hiA)れ(m2G)た(m2F#)なら A(m2G)h(m2F#)〜(m2E)〜』

サビ『ふた(hiA)り(m2G)の こどく(m2E)を(m2F#)分(m2G)け(m2F#)うこと(m2E)が(m2G)で(hiA)き(m2G)た(m2F#)のかい(m2G)

サビで地声hiAロングトーン使用。

そのほかmid2F#/mid2G等の高音が使われています。

単発使用のhiAより遥かに難しいロングトーンで登場するため、難易度が高いです。
高い曲を歌えるようになりたい!という男性は、粉雪のサビが歌えるようになることを目標に設定するといいかもしれません。
粉雪でなくても、実力の目印になるような楽曲を持っておくと、日に日に上手くなっている自分が分かり、前向きに練習を続けることができます。
【高音注意】

ラスサビ『こな(hiA)ゆ(m2G)き ねぇ ときに(m2E)た(m2F#)よ(m2G)り(m2F#) く こ(m2E)こ(m2G)ろ(hiA)は(m2G)ゆ(m2F#)れる A(m2G)h(m2F#)〜(m2E)〜』

★ラスサビ『それ(hiA)で(m2G)も ぼくは(m2E)き(m2F#)み(m2G)の(m2F#)と まも(m2E)り(m2G)つ(hiA)づ(m2G)け(m2F#)たい(m2G) Ah〜(m2G#)

ラスサビ『こな(hiA)ゆ(m2G)き ねぇ こころ(m2E)ま(m2F#)で(m2G)し(m2F#) く 染(m2E)め(m2G)ら(hiA)れ(m2G)た(m2F#)なら A(m2G)h(m2F#)〜(m2E)〜』

ラスサビ『ふた(hiA)り(m2G)のこどく(m2E) を(m2F#)つ(m2G)つ(m2F#)で そら(m2E)に(m2G)か(裏hiA)え(裏m2G)す(裏m2F#)から(裏m2G)

ラスサビはサビパートが2回続くため、曲中最も難しいです。
ラスサビ最後は裏声で締められています。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 サビのhiAロングトーン
難しい要因 2 低音域が頻出する
備考 地声hiA計15回使用
備考 裏声hiAはラスサビで1回のみ
error: Alert: Content is protected !!