瞬き 音域(back number)

【瞬き / 音域解説】(back number)

瞬き 音域(back number)

気になる『瞬き』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1F
地声最高音 mid2G#
裏声最高音 hiC

2番サビ以降、裏声最高音hiC使用。曲全体でmid2F/mid2Gが多用されているため、高音域にある程度慣れている方でないと難しいです。

【瞬き / 音域解説】(back number)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『瞬き』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

1番Aメロ『何の為に生きていくのか こ(m1F)たえなんてなくていいよ』

1番Aメロ『会いたい人と必要なものを す(m1F)こし守れたら』

2番Aメロ『夢の為に生きられた人 逸れ(m1F)た道が正解だった人』

2番Aメロ『誰かの為に費やした人 自(m1F)分を生きた人』

最低音はAメロで上記箇所のみ使用。女性の方は若干出しにくい低さかもしれません。

『瞬き』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

★冒頭サビ『幸せと(m2G#)は(m2G)し(m2F)が(m2G)降る夜とまぶ(m2F)しい(m2G)あ(裏hiA#)さが(m2G)ぁ(m2F) 繰り返す(m2F)ようなも(m2G#)の(m2G)じゃな(m2F)く』

★冒頭サビ『大切な(m2G)ひ(m2F)に(m2F)降りか(m2G)か(裏hiA#)った(m2G)ぁ(m2F)め(m2F)に(m2G)傘を差せること(m2G#)だ(m2G)

曲冒頭にサビが登場します。高音域が続くため、高い音に慣れている方でないと難しいかもしれません。

【高音域 詳細】

Aメロ『何の為に生きていくのか 答えなんてなく(m2F)ていいよ』

Aメロ『会いたい人と必要なものを少しまも(m2F)れたら』

Bメロ『背伸(m2G)もへり(m2F)く(m2G)だり(m2G#)も(m2G)せ(m2F)に(m2G)

Bメロ『ぼ(裏hiA#)くのそのままで愛しい(m2G#)気(m2G)持ちを歌えた(m2F)なら』

Bメロから高音域が目立ちます。地声最高音mid2G#まで使われているので注意してください。
【高音域 詳細】

後半サビ『まば(m2F)た(m2G)きもせずに目を(m2F)凝(m2G)らし(裏hiA#)ても(m2G)ぉ(m2F)

後半サビ『見付かるた(m2F)ぐいのも(m2G#)の(m2G)じゃな(m2F)い』

後半サビ『だか(裏hiA#)ら(裏hiC)そ(裏hiA#)ばにいて欲(m2F)し(m2G)いん(m2G#)だ(m2F)

冒頭サビでは登場しなかった後半のサビです。サビ終わりに裏声hiA#/hiCがセットで登場します。ここは存在感のある裏声なので、誤魔化しが利きにくいです。裏声に苦手意識がある方は、地声との声量差があまり出ないように意識するとよいかもしれません。
【高音域 詳細】

2番Bメロ『た(裏hiA#)だ今日も僕を必要(m2G#)だ(m2G)だと思ってく(m2F)れたら(m2G)

2番Bメロ最後の音がmid2Gロングトーンに変わります。

【高音域 詳細】

ラスサビ『いつ(裏hiA#)も(裏hiC)そ(裏hiA#)ばにぃ(m2F)ぃ(m2G) いつ(裏hiA#)も(裏hiC)き(裏hiA#)が(m2G)ぁ(m2F)て(m2G#)ほ(m2G)し(m2F)いんだ(m2G)

ラスサビ『目を(裏hiA#)開(裏hiC)け(裏hiA#)ても 目を(裏hiA#)閉(裏hiC)じ(裏hiA#)ても』

ラスサビ最後は高音の裏声が頻出します。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 全体でmid2F/mid2G多用
難しい要因 2 裏声hiA#/hiCのセット
備考 裏声hiC計6回
備考 地声mid2G#計21回
備考 女性には歌いやすい高さが続く楽曲だと思います。男性にはやや高く感じる音域が頻出するので、キー下げを視野に入れてみてもよいと思います。
男声キー(推奨) -2,-3
error: Alert: Content is protected !!