ミズキリ 音域(優里)

【ミズキリ / 音域・最高音】(優里)

ミズキリ 音域(優里)

気になる『ミズキリ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1F#
地声最高音 hiC
裏声最高音 hiD

ラスサビのみ地声最高音hiC使用。サビではロングトーン気味の地声hiA#など高音域が頻出します。

【ミズキリ / 音域・最高音】(優里)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『ミズキリ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

Aメロ『恋はどんなことでさえも 超えていける(m1F#)と』

最低音mid1F#は曲全体で2回しか登場しません。目立つ低音が登場するのはAメロのみです。

『ミズキリ』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

Aメロ『思える日が来るだなんて おも(m2F)わなくて』

Aメロ『住んでる世界が違うの(m2F)かな なんて君を遠く感じて(m2F)いた』

Aメロ『だけどい(m2F)ま 触れる』

Aメロの高音はmid2Fまでです。このあたりは比較的歌いやすい音域が続きます。
【高音域 詳細】

Bメロ『しお(m2G#)れ(m2F#)かけた花に熱を与えたの』

Bメロ『世界が変わるほどに きせ(m2F#)きの(m2F)ように(m2F)

Bメロ冒頭にロングトーンの地声mid2G#使用。

サビに比べるとまだ歌いやすいですが、高音域に自信のない方はこのあたりから要注意です。

【高音域 詳細】

★サビあ(m2G)な(hiA)た(hiA#)だ(hiA)け(m2G)が(m2F)に(m2F)映るの』

★サビ眼(m2G)を(hiA)閉(裏hiA#)じ(裏hiA)れ(裏m2G)ば(裏m2F)そ(裏hiC)ば(裏hiD)に居(裏hiA)る(裏hiC)の(裏hiA#)

サビ『全て(m2F)のことを超えてい(m2F)く(裏hiA#)た(裏hiA)めに(裏hiA#)

★サビウ(hiA#)シ(hiA)ロ(m2G)ム(m2F)キは水切りしよう』

サビでは地声hiA/hiA#、裏声hiC/hiDなど高音域が頻出します。

ロングトーン気味の地声hiA#が登場するので、地声高音に自信のない方は裏声での歌唱でもよさそうです。
『あなた〜』は『a』の母音が続くため、他のフレーズに比べて高い音が出しやすいかと思います。

【高音域 詳細】

Cメロ『そんな眼をしな(m2F)いで 次に会うと(m2F)の(m2F)分(m2F#)ま(m2F)で』

Cメロ『戸ま(m2F)どいもす(m2F#)れ(m2F)違いでも 引き裂けやしないよ(m2F)ぉ』

サビに比べると歌いやすい音域が続きます。

【高音域 詳細】

★ラスサビ眼(m2G)を(hiA)閉(hiA#)じ(hiA)れ(m2G)ば(m2F)そ(裏hiC)ば(裏hiD)に居(hiA)る(hiC)の(hiA#)

★ラスサビ『全て(m2F)のことを超えてい(m2F)く(hiA#)た(hiA)めに(hiA#)

通常サビで裏声だった箇所が一部地声に変化します。

地声最高音hiCは1回のみの登場ですが、地声hiA/hiA#と同時に使用されているため要注意です。
優里さんの歌い方は地声感が強めな発声方法ですが、そのイメージを持ちながら歌うと無意識に力んでしまい高音へのアプローチが上手くいかないことがあります。似せて歌えるのであれば良いですが、そうでない場合は自分の歌い方を意識して歌った方が良いのかなと思いました。素人の意見ですので参考までに…

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 難しい
難しい要因 1 サビで高音域頻出
難しい要因 2 2番以降は間奏が少なく、スタミナが要求される
備考 地声hiCはラスサビで1回のみ
備考 地声hiA#は計10回使用(そのうち6回はラスサビ)
まとめ 一般的な男性の音域より高いため、高い音が苦手な方はキー下げを視野に入れてみてもよいかと思います。
error: Alert: Content is protected !!