ピースサイン 音域(米津玄師)

【ピースサイン / 音域・最高音】(米津玄師)

ピースサイン 音域(米津玄師)

気になる『ピースサイン』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1D#
地声最高音 mid2G#

サビでmid2G付近の高音域頻出。一般男性の音域範囲ですが、高い声が多く使われているため、ある程度歌い慣れている方向けの楽曲です。

【ピースサイン / 音域・最高音】(米津玄師)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『ピースサイン』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

Aメロ『いつか僕らの上をスレスレに通り過ぎていったあの飛行機を(m1D#)

Aメロ『ただ強くなり(m1D#)たいと願ってた』

★Bメロ残酷(m1D#)運命(m1D#)が定まってるとして』

Bメロ『僕の前にあらわ(m1D#)れるとして』

Bメロ『どうでもいいとお(m1D#)もえた』

Cメロ『鮮やかにも現れていく(m1D#)

サビ以外の各所で最低音使用。Bメロの最低音は存在感があるため、低音域が得意でない方は要注意です。

『ピースサイン』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

イントロ『Oh,oh(m2G),oh(m2F),oh,ooh』

イントロ部分でmid2G使用。

【高音域 詳細】

Bメロ『どうでもいいと思えた そのここ(m2F)ろを』

サビ前まで高音域なし。Bメロまでは歌いやすい高さが続きます。(主な使用高音はmid2D#です)
【高音域 詳細】

サビ『もう(m2G)一(m2F)度 遠く(m2G)へ(m2F)行け 遠くへ行けと』

サビ『僕の中で誰かがう(m2F)たう』

サビ『どうし(m2G)よう(m2F)ない(m2G#)ほ(m2G)ど(m2F)熱れつ(m2F)に(m2G)

サビ『いつ(m2G)だっ(m2F)て目を腫(m2G)らし(m2F)た君が二度と悲しまないようにわらえ(m2F)る』

サビ『そんな(m2G)ヒー(m2F)ローに(m2G#)な(m2G)る(m2F)ための歌』

サビ『さらば掲げろピース(m2F)サ(m2G)イン 転がってくストー(m2G#)リー(m2G)を』

最高音の使用回数は多くないものの、mid2F/mid2Gが頻出するため難易度の高いパートです。
『ピースサイン』はテンポが速く、それに伴い音程を合わせるのが難しいです。サビでは高音が頻出することから、総じて歌い慣れている方向けの楽曲という印象を持ちました。
【高音域 詳細】

2番Aメロ『変わっていく僕をわ(m2F)らえばいい』

1番Aメロと音程が変わり、mid2Fが使用されています。注意するほどではありませんが、一応記載しておきます。

【高音域 詳細】

Cメロ『削り削られ(m2G)擦り切(m2F)れ(m2G)た(m2F)今が』

Cメロ『食べかけのまま(m2G)捨てた(m2F)あ(m2G)の(m2G#)ゆ(m2G)め(m2F)を』

Cメロ『もう一度取り(m2G)も(m2F)ど(m2G)ぉ(m2F)せ』

Cメロ後間奏『Wow,oh(m2G),ooh(m2F),ooh,oh,oh(m2G),oh(m2G#),ooh(m2G),oh,oh,oh(m2G),oh(m2G#),oh(m2G),ooh』

サビと同程度の高音域です。低音から高音まで使われているため、高低差に注意してください。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 サビで高音域頻出
難しい要因 2 音程が難しい
備考 mid2G#計11回(Cメロ後間奏を含めると計13回)
備考 一般男性の音域範囲ですが、mid2F/mid2Gの使用頻度が高いため難しいです。高音域が苦手な方は、キーを2つほど下げると楽になります。
男性キー(推奨) -2
女性キー(推奨) +4,+5
error: Alert: Content is protected !!