シュガーソングとビターステップ 音域(UNISON SQUARE GARDEN)

【シュガーソングとビターステップ / 音域解説】(UNISON SQUARE GARDEN)

シュガーソングとビターステップ 音域(UNISON SQUARE GARDEN)

気になる『シュガーソングとビターステップ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1F#
地声最高音 hiB

曲全体で高音域が超頻出。主にmid2F#/mid2G#/hiA#で構成されています。男声の一般的な音域より遥かに高く、歌い手を選ぶ難曲です。

【シュガーソングとビターステップ / 音域解説】(UNISON SQUARE GARDEN)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『シュガーソングとビターステップ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Aメロ『大嫌い大好き ちゃんと喋らなきゃ 人形として さして変わら(m1F#)ないし(m1F#)

低音域はほとんど使われていません。

『シュガーソングとビターステップ高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

Aメロ『超天変地異(m2F#)み(m2F)たいな狂騒にも慣れて』

Aメロ『ramb(m2F)ling(m2F#) coa(m2F)s(m2F#)ter(m2G#) 揺(m2F)さぶられ(m2G#)な(hiA#)が(m2G#)ら(m2F#) 見失えないものは何だ?』

mid2F#付近が頻出します。この時点で十分高いですが、Bメロ以降さらに高くなります。

【高音注意】

★BメロHah(m2F#) よ(m2G#)い(hiA#)ま(m2G#)ち(m2F#)を(m2G#)く(m2F#)ひ(m2G#)と(hiA#)だ(m2G#)か(m2F#)り(m2G#)う(m2F#)れ(hiA#)し(hiB)そ(hiA#)う(hiB)だっ(hiA#)た(m2G#)り さ(m2F#)み(hiA#)し(hiB)そ(hiA#)う(hiB)だっ(hiA#)た(m2G#)り(m2F#)

★Bメロ『コントラストがご(m2F#)せ(m2G#)ん(m2F#)ふ(m2G#)を飛(m2F#)びま(m2F)わり うた(hiA#)と(hiB)リ(hiA#)ズ(hiB)ム(hiA#)に(m2G#)な(m2F#)る(m2G#)

サビと同程度の高音域です。
mid2F#/mid2G#/hiA#/hiBが頻出し、低音は一切使われていません。
【高音注意】

サビ『ママレー(m2F)ド(m2F#)&シュガーソング(m2F#) ピー(m2G#)ナッツ(m2F#) アン(m2G#)ド ビ(m2F#)ター(m2G#)ステップ(hiA#)

★サビあ(hiA#)ま(hiB)く(hiA#)て(m2G#)に(m2F#)が(m2F)く(m2F#)て(m2G#) 目(hiA#)が(m2G#)ま(m2F#)わ(m2G#)り(m2F#)そう(m2G#)で(hiA#)す(m2F#)

★サビ『南南(m2F)西(m2F#)を目指して(m2F#)パー(m2G#)ティー(m2F#)を(m2G#)つ(m2F#)づ(m2G#)けよう せ(hiA#)か(hiB)い(hiA#)じゅ(m2G#)うを(m2F#)ど(m2F)ろ(m2F#)か(hiB)せ(hiA#)て(m2G#)しまう(m2F#)よ(hiA)る(m2G#)になる(m2F#)

サビ『I(hiA) feel(hiB) じょうじょう(m2F) れん(m2F#)さになっ(m2F#)リフ(m2F#)レク(hiA)ト(m2F#)

(さっきから色分けが多すぎて目がチカチカしますね。すみません。)

主にmid2F#/mid2G#/hiA/hiA#/hiBで構成されており、高音域が非常に目立ちます。高い声が苦手な方はキー下げ推奨です。
【高音注意】

★CメロSo(hiA#)meday(m2G#)騒(m2G#)が(hiA#)い(m2G#)き(hiA#)をひ(m2G#)そ(hiA#)め(hiB)て(hiA#)も(m2G#)

Cメロ『Some(m2G#)day(m2F#)論(m2F#)に(m2G#)意(m2F#)味(m2G#)が(m2F#)なく(m2G#)なっ(hiA)て(m2G#)も(m2F#)

Cメロ『Feeling song & step 鳴らし(m2F#)つ(m2G#)づ(m2F#)け(m2G#)るこ(m2F#)とだ(m2F)けが』

★Cメロ『ぼく(hiA#)た(hiB)ち(hiA#)を(hiB)ぼ(hiA#)く(m2G#)た(m2F#)ち(m2G#)た(hiA#)ら(hiB)し(hiA#)め(hiB)る(hiA#)証(m2G#)明(m2F#)に(m2G#)なる(hiA#) Q(hiB)E(hiA#)D!(m2G#)

Cメロ最後の箇所が楽曲全体で最も高いです。hiA#とhiBがセットで頻出します。
【高音注意】

★ラスサビせ(hiA#)か(hiB)い(hiA#)じゅ(m2G#)うを(m2F#)ど(m2F)ろ(m2F#)か(hiB)せ(hiA#)つ(m2G#)づ(m2F#)け(hiA#)よ(hiB)う(hiA#)

★ラスサビWo(hiA#)w(hiB)〜(hiA#)〜(hiB)〜(hiA#)〜(m2G#)〜(m2F#) 一(m2G#)難(m2F#)去っ(m2G#)て(m2F#)また(m2G#)一(hiA#)興(hiB)ぉ(hiA#)ぉ(m2F#)

ラスサビでは、通常サビ+ラスサビ限定の高音パートが数箇所登場します。

最後まで原曲キーで歌い切れる男性は本当にすごいです。羨ましく思います…

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 かなり難しい
難しい要因 1 曲全体で高音域頻出
難しい要因 2 歌詞のリズムが速い
備考 使用音域が全体的に高く、原曲キーで歌える男性は限られると思います。【音域・音程】両者ともに難しく、歌い慣れている方でも苦戦する難曲です。
error: Alert: Content is protected !!