高嶺の花子さん 音域(back number)

【高嶺の花子さん / 音域詳細】(back number)

高嶺の花子さん 音域(back number)

気になる『高嶺の花子さん』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1E
地声最高音 hiB
裏声最高音 hiD

サビでhiB/hiD使用。
hiAはロングトーン含め、曲全体で使用。

【高嶺の花子さん / 音域詳細】(back number)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『高嶺の花子さん』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Aメロ『笑顔があれならもう 恐ろしいひ(m1E)とだ』

低い箇所は主にmid1F#/mid2Aが使用されています。

『高嶺の花子さん』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

Aメロ『君から(m2F#)見たぼくはきっと ただの友達の友達』

Aメロ『たかが知(m2F#)人(m2G#)Bに向けられた』

Bメロ『君を惚れさせる黒魔術は(hiA)知(m2G#)ら(m2F#)ないし』

Aメロ〜Bメロで地声mid2F#/mid2G/hiA等の高音域使用。

【高音注意】

★サビ『会いたい(m2F#)んだ 今すぐそ(hiA)の(m2G#)か(hiA)ど(m2G#)か(m2F#)ら』

サビ『飛び出してきて(m2G)く(m2F#)れ(m2G)な(m2F#)いか』

★サビ『生まれた(m2F#)星のもとがち(hiA)が(m2G#)く(hiA)たっ(m2G#)て(m2F#)

★サビ『偶然と夏の魔法(裏hiB)と(裏hiA)やら(裏m2G#)のち(裏hiA)か(裏hiC#)ら(裏hiD)で(裏m2F#) ぼくの(hiB)も(hiA)の(m2G#)に(hiA)る(m2F)わけないか』

サビで地声hiB/裏声hiDなど高音域多用。

★マーク付きの箇所に要注意。
【高音注意】

★2番サビ『偶然とアブラカタ(裏hiB)ブ(裏hiA)ラ(裏m2G#)なち(裏hiA)か(裏hiC#)ら(裏hiD)で(裏m2F#) ぼくの(裏hiB)も(裏hiA)の(裏m2G#)に(裏hiA)

1番サビで地声だった箇所が裏声に変化します。
【高音注意】

Cメロ『こ(m2F#)の(hiA)む(m2G#)ねの焦りに 身を任せ』

Cメロ『君のとこへはしっ(m2F)たとして 実は僕の方が』

★Cメロ悪(m2F#)い(hiA)意味(hiB)で(hiA)夏(m2G#)の(m2F#)魔法的なもので(裏hiB)ぇ(裏hiA)

Cメロ『舞い上がってましたって(m2F#)怖すぎる オチばかり浮かんできて』

全体的にサビより低いですが、地声hiA/hiBなどの高音域が使用されているため、注意が必要です。

まとめ

まとめ
歌唱難易度 やや難しい
難しい要因 1 サビの使用音域が高い
備考 hiDは各サビ1回ずつ、計3回
備考 hiC#は各サビ1回ずつ、計3回
備考 地声hiBは計4回
備考 裏声hiBは計9回
error: Alert: Content is protected !!