The hole 音域(King Gnu)

【The hole / 音域解説】(King Gnu)

The hole 音域(King Gnu)

気になる『The hole』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1D#
地声最高音 hiB
裏声最高音 hiD

Cメロ後半で転調。転調後のラスサビで地声mid2G#/hiAなどの高音域頻出。

【The hole / 音域解説】(King Gnu)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『The hole』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

Cメロ『僕らはそのくらい もろ(m1D#)く不確かで』

最低音mid1D#は上記1回のみ使用。楽曲全体の主な低音はmid1G#/mid2A#。Cメロではmid1Fの使用頻度も高いです。

『The hole』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

Aメロ『誰かを思っ(裏m2G#)た(裏m2G)りする日もある』

Aメロ『自分の心模(裏m2G#)様(裏m2G)を見ているのだろう』

Aメロ・Bメロに目立った高音域はありません。mid1G#~mid2C#が主な使用音域なので、サビまでは歌いやすいかと思います。
【高音域 詳細】

サビ『ぽっかり(m2G)と(m2G#)空いたその穴(m2G)を(m2G#)

★サビ『僕にか(m2G)くさ(m2G#)な(hiA#)い(m2G#)で(m2G)せ(m2G)てお(m2G#)く(hiA#)れ(m2G#)よ(m2G)

サビ『あなたの正体(m2G)を(m2G#) あなたの存在(m2G)を(m2G#)

★サビ『そっと包み(m2G)込む(m2G#)よ(hiA#)う(m2G#)に(m2G)く(m2G)が傷(m2G#)ぐ(裏hiA#)ち(裏hiC)に(裏hiC#)な(裏hiC)る(裏hiC#)よ(裏hiC)

サビで使用音域が上がり、地声mid2G/mid2G#が頻出します。
★付きの2箇所は地声mid2G~hiA#が連続するため、高音域に慣れていない方は注意してください。
【高音域 詳細】

Cメロ『世界の片隅に灯る【★ここで転調★】かすかな光を(m2F#) O(hiA)h(hiB)〜(m2F#)

Cメロ『掻(m2F#)き(裏hiC#)あ(裏hiD)つ(裏hiC#)め(裏hiD)て(裏hiD)

Cメロ後半から+1キー転調しています。注意深く聞いていないと気づきにくいかもしれません。
【高音域 詳細】

ラスサビ『この世界(m2G#)の(hiA) 希望も絶望(m2G#)も(hiA)

★ラスサビす(hiB)べ(hiA)て(m2F#)し(m2G#)ぶきを(hiA)あ(hiB)げ(hiA)て(m2G#) あなた(m2F#)に降(m2G#)り注(hiA)ぐ(裏hiB)の(裏hiC#)な(裏hiD)ら(裏hiC#)

ラスサビ『あなたの正体(m2G#)を(hiA) あなたの存在(m2G#)を(hiA)

★ラスサビそっと(m2F#)か(m2G#)ばう(hiA)よ(hiB)う(hiA)に(m2G#) ぼ(m2F#)く(m2G#)が傷(hiA)ぐ(裏hiB)ち(裏hiC#)に(裏hiD)な(裏hiC#)る(裏hiD)よ(裏hiC#)

ラスサビではmid2G#以上の高音域が超頻出します。男声の平均音域を優に超えた高さなので、難しい場合にはキー下げを推奨します。
一部分が高く、他の箇所は低音ばかりで歌いやすい楽曲よりも、hiA付近がひたすら続く楽曲の方が高難度だと思います。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 難しい
難しい要因 1 サビで高音域頻出
難しい要因 2 表現力が重要な曲
備考 裏声hiD計5回
備考 地声hiB計4回
備考 地声hiA#計7回
備考 地声hiA計19回
まとめ サビの使用音域が高く、特に転調後のラスサビではmid2G#以上の高音域が常に続きます。『King Gnu』の楽曲で、ここまで地声高音が目立つ楽曲は珍しいです。
男声キー(推奨) -3
error: Alert: Content is protected !!