ツキマシテハ 音域(Mrs. GREEN APPLE)

【ツキマシテハ / 音域・最高音】(Mrs. GREEN APPLE)

ツキマシテハ 音域(Mrs. GREEN APPLE)

気になる『ツキマシテハ』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1D
地声最高音 hiE
裏声最高音 hiF#

ラスサビ転調+1キー。転調後に地声hiE/裏声hiF#など高音域超頻出。最高音が高く、かなり上級者向けの難曲です。

【ツキマシテハ / 音域・最高音】(Mrs. GREEN APPLE)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『ツキマシテハ』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音域 詳細】

ラスサビ前『口から(m1D)不意(m1F)に出た言葉(m1D)で(m1F)

Cメロ後の1オクターブ下がったサビメロで最低音mid1D使用。低音域が目立つのは上記箇所のみです。

『ツキマシテハ』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音域 詳細】

Aメロ『わからない(m2F)事だらけで学ぶ事もキリ(裏hiA#)な(裏m2G#)い(裏m2F#)な(裏m2F) あぁ(裏m2F#)だ(裏m2F)からか。』

Aメロ『気持ちが良い(m2F)ことなんてそこらじゅうに散(hiA#)ら(m2G#)ば(m2F#)り(m2F)すぎてる』

聞く限りですが、前半の歌詞は高音部が裏声で、後半は地声歌唱となっています。2番Aメロも同様の使い分けです。

【高音域 詳細】

サビ『あの(m2F)と(m2G)き(hiA) ぼ(hiA#)く(hiA)か(hiA#)不意(m2F)に(m2G)出(hiA)た(hiA#)こ(hiA)と(hiA#)で(m2F)

サビ『おと(m2G)な(hiA)た(hiA#)ち(hiA)が(hiA#)こ(裏hiD)まっ(裏hiF)たの(hiA#)は(裏hiD#) だ(裏hiD)か(hiC)ら(hiA)か(hiA#)。』

サビ『ま(m2G)た(hiA)は(hiA#)た(hiA)か(hiA#)見れ(m2F)ば(m2G)し(hiA)あ(hiA#)わ(hiA)せ(hiA#)あの(m2F)子(m2G)が(hiA)

サビ『う(hiA#)そ(hiA)で(hiA#)ぬ(裏hiD)ぐっ(裏hiF)ているの(hiA#)も(裏hiD#) だ(裏hiD)か(hiC)ら(hiA)か(hiA#)。』

地声hiA/hiA#を軸に、地声hiC/裏声hiFなどの高音域が頻出します。
通常サビの地声最高音はhiCです。各サビ2回ずつ登場します。
【高音域 詳細】

Cメロ『きらい(m2F)な(m2G)と(m2F)は(m2G)正直たくさん居る』

Cメロ『切り(m2F)た(m2G)て(m2F)も(m2G)切れない』

Cメロ『それ(m2F)でも(m2G)と(m2F)は(m2G)向き合い続ける』

Cメロ『きみ(m2F)は(m2G)あ(裏hiA#)ま(裏hiA)え(裏m2G)す(m2F)ぎている。』

2番サビ後、間奏を挟んでCメロに入ります。『ツキマシテハ』の中では比較的高音が少なく、サビに比べたらかなり歌いやすい印象です。
【高音域 詳細】

ラスサビ前『ヒトは悲しくなっ(m2F)てしまうらしい』

ラスサビ前『幸せもかん(m2F)じられるらしい』

ラスサビ前『幸せに気付(m2F)いていて欲しい』

ラスサビ前に1オクターブ下の落ちサビがあります。こちらは低音域メインなので、女性の方は特に要注意です。
【高音域 詳細】

ラスサビ『あ(hiB)い(hiA#)が(hiB)痺(m2F#)っていく』

ラスサビ『真(m2G#)っ(hiA#)し(hiB)ろ(hiA#)な(hiB)こ(裏hiD#)こ(裏hiF#)ろが(hiB)焦(hiE)げ(hiD#)て(hiC#)ゆ(hiA#)く(hiB)

ラスサビ『お(m2F#)も(hiB)い(hiA#)も(hiB)痺っ(m2F#)ていく』

ラスサビ『ツ(m2G#)キ(hiA#)マ(hiB)シ(hiA#)テ(hiB)ハ(裏hiD#)ぼ(裏hiF#)くは あ(hiB)き(m2G#)れ(hiD#)て(hiC#)い(hiA#)る(hiB)

ラスサビ+1キー転調。地声hiA#/hiBが頻出します。また、通常サビではhiCが地声最高音だったのに対して、ラスサビではhiD#/hiEが地声で歌われています。
男性がこの高さを原曲キーで歌いきるのは非常に困難です。ある程度、高音域に慣れている方でも難しいかと思います。低音域に余裕のある方は、可能な限りキーを下げて歌いやすくすることを推奨します。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 かなり難しい
難しい要因 1 使用音域が広い
難しい要因 2 サビで高音域頻出
備考 裏声hiF#計2回
備考 裏声hiF計4回
備考 地声hiD#/hiE各1回ずつ
備考 地声hiC#計2回
備考 地声hiC計4回
備考 地声hiB計14回
備考 サビで高音域が頻出します。一般的な男性音域から大きく外れているため、歌い手を選ぶ上級者向きの楽曲です。男性であればキー下げである程度歌いやすくなりますが、それでも一般的な男性音域より高いです。
男性キー(推奨) -5,-6
error: Alert: Content is protected !!