馬と鹿 音域(米津玄師)

【馬と鹿 / 音域解説】(米津玄師)

馬と鹿 音域(米津玄師)

気になる『馬と鹿』の音域はこちら

【音域】

地声最低音 mid1C
地声最高音 hiA#
裏声最高音 hiA#

Cメロで裏声hiA#、ラスサビで地声hiA#使用。使用音域はあまり高くないので、高い声が苦手な方も挑戦しやすい楽曲です。

【馬と鹿 / 音域解説】(米津玄師)のページです!
音域別の色分け歌詞で詳しく解説しています!
使用音域の似ている楽曲も紹介しているよ!

『馬と鹿』低音域詳細

は要注意箇所。

【低音注意】

Bメロ『冷めきれないままのこ(m1C)ころで』

Bメロ『よ(m1C)うやく残ったもの』

Aメロ・Bメロは低音域が目立ちます。(米津玄師さんの楽曲はAメロ・Bメロが低い印象です)

『馬と鹿』高音域詳細

は要注意箇所。

【高音注意】

サビ『これ(m2G)が あ(m2F)じゃ(m2F)な(m2G)れ(m2F)ば』

サビ『なんと呼ぶのか 僕は知らな(m2G)かっ(m2F)た』

サビ『呼べ(m2G)よ は(m2F)の(m2F)名(m2G)え(m2F)を』

サビ『ただひと(m2F)つ(m2G)だけ』

サビ『張り裂け(m2G)る(m2G#)く(m2G)ら(m2F)いに』

サビ『は(m2G)な(m2F)が(m2G)触(m2F)れる こ(m2G)きゅ(m2F)うが止まる』

サビ『い(m2G)た(m2F)みは消えない(m2G)ま(m2G#)ま(m2F)でいい』

主な高音はmid2F/mid2Gです。mid2G#は2回使用。

通常サビはギリギリ男性の一般音域の範囲内ですので、あまり問題ないかと思います。
【高音注意】

Cメロ『なに(m2F)に(m2F#)た(m2F)とえよう 君と僕を』

★Cメロ『晴れ(m2F)間(m2F#)を(m2F)結えばまだつづく(m2F)ぅ(m2G)こう(裏hiA#)な(m2F)も(m2G)咲(m2G#)か(m2G)い(m2F)うちに』

Cメロ終わりに裏声hiA#と、mid2G付近が連発使用されます。

裏声が苦手な方も、ここのhiA#は出しやすいかと思います。

【高音注意】

★ラスサビ『君じゃな(hiA#)きゃ(m2G#)駄(m2G)目(m2F)だと』

ラスサビ『い(m2G)た(m2F)みは 消えない(m2G)ま(m2G#)ま(m2F)でいい(m2G)

ラスサビで地声最高音hiA#使用。ここは男性の音域範囲を頭一つ抜けているので、要注意です。

まとめ

楽曲の難易度など
歌唱難易度 平均的
難しい要因 1 地声hiA#が難しい
難しい要因 2 音程が難しい
備考 地声hiA#はラスサビで1回のみ
備考 使用音域はそこまで高くありません。mid2G付近の練習に向いている楽曲だと思います。
error: Alert: Content is protected !!